EGタイトピュアで下痢に!?

EGタイトピュアで下痢になる!?

EGタイトピュアは漢方の防風通聖散サプリメントですが、漢方にも下痢や湿疹のような副作用はあるんでしょうか?

 

結論からいうと、漢方薬にも副作用はあります。ただ、西洋薬に比べると副作用の生じる可能性はかなり低いので、あまり知られていないだけなんですね。

 

防風通聖散でおきる可能性のある副作用とは、発疹・発赤・かゆみ・吐き気・嘔吐・食欲不振・胃部不快感・腹部膨満・はげしい腹痛を伴う下痢・腹痛・めまい・発汗・動悸・むくみ・頭痛、などがあげられます。

 

副作用の欄に「はげしい腹痛を伴う下痢」という項目がありますね。ですから、EGタイトピュアで下痢になる、という話はあながち間違いではありません。

 

ただ、前述しましたが漢方薬は西洋薬に比べると、下痢などの副作用が起きる可能性はかなり低いです。

 

また、EGタイトピュアは漢方薬の基準でいうところの満量処方ではなく、2/3量処方になっていますので、さらに下痢などが起きる可能性は低くなります。

 

まあ、普通に飲んでいる分にはEGタイトピュアで下痢(激しい腹痛を伴うもの)などの副作用がおきる可能性はまずありません。

 

ただし、定められた用量・用法を守らずに服用した場合は別です。早く効果を出したくて過剰に服用したりすると、下痢などを起こす可能性が高まってしまいます。

 

特に漢方薬に含まれる甘草、麻黄は過剰摂取すると重篤な副作用を起こす可能性もあります。

 

甘草は過剰摂取すると、偽アルドステロン症という副作用が生じる可能性が高まります。

 

偽アルドステロン症とは、血圧の上昇、むくみなどが主な症状ですが、重篤化すると不整脈を誘発するおそれがあります。また、横紋筋融解症という大変危険な副作用が発生することも。

 

横紋筋融解症は厚生労働省からの発表によれば、「骨格筋の細胞が融解、壊死することにより、筋肉の痛みや脱力などを生じる症状」ということです。

 

生命の危険にかかわる症状なので、症状がでた場合はすぐに服用を中止して医師に相談する必要があります。

 

麻黄の副作用としては、血圧上昇や動悸、吐き気などの症状があります。

 

漢方は厚生労働省の定める基準のより生薬の配合バランスで作られるお薬です。生薬の配合量は決められていますので、これを過剰に摂取するのは副作用を起こす原因になってしまうんですね。

 

副作用を避けるためにも、定められた用法・用量は守って飲んでくださいね。

 

 

>>>トップページへ