EGタイトpureなら楽天?通販最安値はココ!

EGタイトピュアの原材料、18種の生薬

 

EGタイトピュアは18種の生薬が配合された防風通聖散サプリメント、腹部の皮下脂肪を減らし、肥満症に効果・効能が認められた医薬品です。

 

脂肪に働く18種の生薬、EGタイトピュアの成分は漢方の防風通聖散の基準によって配合されていて、満量処方ではなく2/3量処方となっています。

 

EGタイトピュア配合成分はこちら

 

トウキ0.80g、センキュウ0.80g、レンギョウ0.80g、ショウキョウ0.27g、ボウフウ0.80g、ダイオウ1.00g、ビャクジュツ1.33g、オウゴン1.33g、セッコウ1.33g、シャクヤク0.80g、サンシシ0.80g、ハッカ0.80g、ケイガイ0.80g、マオウ0.80g、硫酸ナトリウム1.00g、キキョウ1.33g、カンゾウ1.33g、カッセキ2.00g
※添加物として、乳糖、バレイショデンプン、カルメロースCa、ステアリン酸Mgを含有します。

 

漢方の生薬が配合されていますが、いくつか代表的なものをご紹介します。

 

トウキは、当帰と書きます。中国の四川省で栽培されるせり科の唐当帰の根で、香りが独特で強烈。血管拡張などがあり、血の巡りをサポートします。

 

センキュウは川?と書き、せり科の多年草センキュウの根茎を湯通しして乾燥させた生薬。こちらも独特な匂いをはっします。漢方では気血の流れを良くすると言われています。

 

オウゴンは黄?と書きます。シソ科のコガネバナの周辺を除いた根の部分で、利尿、解毒作用などがあり、漢方でいう毒素を排出する力を持ちます。

 

これらの18種の生薬が漢方薬に定められた基準どおりに配合されているのが防風通聖散、EGタイトピュアなんですね。

 

EGタイトピュアの飲み合わせに注意!

 

EGタイトピュアは防風通聖散と呼ばれる漢方薬なので、飲み合わせなども大事になります。

 

よく注意を促されるのが、EGタイトピュアのパッケージにも記載されていますが、他の下剤などとの併用です。

 

防風通聖散にも排出作用がありますから、他の下剤と併用することで、はげしい腹痛を伴う下痢など、副作用が生じるおそれがあります。

 

また、他の漢方薬との飲み合わせにも注意が必要です。とくに甘草や麻黄などが含まれた漢方は注意しましょう。

 

漢方薬は生薬の配合量が決められているので、漢方薬を併用することで生薬を過剰摂取していまう状態になっちゃうんです。

 

甘草を過剰に摂取すると、重篤な副作用である偽アルドステロン症の危険性が大きくなります。

 

偽アルドステロン症の主な症状は浮腫や血圧上昇などですが、悪化すると全身脱力や不整脈、横紋筋融解症を発症するおそれもあります。十分な注意が必要です。

 

麻黄は摂取しすぎると、頭痛や不眠、吐き気などの副作用を生じるおそれがあります。

 

EGタイトピュアは漢方薬ですから、副作用が生じないわけではありません。2/3量処方なので満量処方よりは危険性は低いですが、十分注意して服用してくださいね。

 

 

 

トップページはコチラ